家を探す難しさと決め手になる要素

家を決めるには場所や広さや価格・環境など様々な要素がありますが、全てにおいて理想通りの家はそうそうタイミングよく見つからないものです。
とはいえ家は自分や家族の拠点となるものですし金額的にも一生の買い物ですので、悩み出したらきりがありません。
さらに我が家は夫婦間で少し希望が違っていたのですが、具体的な話し合いを持つ前に色々と物件を見て回ったため全く決まりませんでした。

そこでまずは、物件回りが一段落してから、まずは情報収集のためにインターネットで一般的な家の間取りや相場を調べました。その上で色々な要素に各自で優先順位をつけ、夫婦で話し合いました。
例えば私は交通の便が第一優先、次に保育園や小学校などの子育て環境、主人は閑静な住宅環境が第一、次に土地の広さを重視する、というように二人で家を決める際の要素をすり合わせていきました。優先順位の低い要素はある程度妥協することも必要です。
インターネットには次々と新しい情報が出ますし逆に売れてしまうこともありますが、この優先順位をぶらさずに取捨選択することで効率的に理想に近い家を見つけることができます。

いきなり不動産屋で色々物件を見て回るのもいいですが、まずは自分達の希望に優先順位をつけた方がいいと思います。
また1つの不動産屋で紹介してもらった家だけで決めるのではなく、インターネットで物件検索もして納得がいくまで見学に行った方がいいと思います。

PR|戸建てリフォームを得意とする業者|